格安航空券は何で安いの?

ソフト面のコストカット

日本国内の長距離移動は、格安航空会社と呼ばれるLCCが就航した事で割安に行えるようになりましたが、チケットを安く出来る理由が幾つか挙げられます。ソフト面においては、予約をインターネットでしてもらう事によって人員コストを抑えられていて、これによって空港チェックインカウンターの人員を減らす事に繋がっています。そして、航空機の機内清掃は、大手では清掃スタッフが行うのが一般的ですが、LCCでは整備スタッフ・キャビンアテンダントが兼務する事で人員を減らす事に成功しています。機内サービスは、飲食などを有料化する事で人員コストを削減していて、アルコール・ファストフードを注文する場合は、300円から1000円程度掛かるのが一般的です。

ハード面はどうなっているのか

ハード面のコストカットも多岐に渡っていて、特徴的なのは全ての機種を1つに統一している事が挙げられます。統一機種のメリットは、機種によって免許が異なる機長・副機長の免許取得コストを抑えられる事や、整備の手間を大幅に省く事が出来ます。そして、LCCの航空機は大手と同等の機種であっても、座席定員を増やして座席利用率を上げている事もコストカットに繋げています。更に、地方空港に向けた便に関しては、地方空港の駐機時間を出来るだけ短縮する努力を実施していて、多くの地方便は30分程度で折り返しの出発が可能です。駐機時間を減らす事は、駐機料の削減にも貢献しているので、自然とチケットを割安に提供出来る事に繋がっています。