格安航空券のメリット、デメリットって何?

格安航空券のメリット

格安航空券のメリットはなんといってもその価格の安さです。同じ目的地まででフルサービスの航空券と比較すると、場合によっては半額近い金額で航空券を手に入れることが可能です。その浮いた費用で現地でのホテルや食事をグレードアップすることもできますし、アクティビティなどを追加することもできます。格安航空券を手に入れる方法はとても簡単です。旅行の日程と目的地が決まったら、格安航空券販売サイトでチェックするだけです。ただし、安いからといって即決するのではなく、しばらく様子を見て価格の変動を確認します。格安航空券は価格変動が激しいので、即決すると損をする可能性があるからです。また、格安航空券販売サイトから購入するだけではなく、格安航空会社から直接購入したほうが安くなる場合もあります。格安航空会社の直販限定でキャンペーンなどを行なっている場合もあるからです。

格安航空券のデメリット

格安航空券にもデメリットが存在します。まずは座席の広さやドリンクや機内食などのサービス内容です。フルサービスの航空会社と比較してしまうとどうしても見劣りしてしまいます。たとえばフルサービスなら無料であるドリンクは格安航空会社では有料扱いとなります。もちろんその分価格が安くなっているのですから、しっかりと内容を確認して、それが納得できる範囲であることを確認する必要があります。また意外と盲点なのが手荷物関係の規定です。格安航空会社では機内持ち込みの手荷物の個数や重量に制限があることが多く、それを超える場合は費用を負担する必要があります。せっかく安く航空券を手に入れたのに、手荷物費用を合計したらフルサービスとさほど変わらなかったということにもなりかねません。

格安の航空券は一般のチケットよりお得ですよね。JALなどの航空会社がある一定の制限のもと販売しており、ネット販売されていることも多いです。